MIST1032AにMMU, タイマ、割り込みなどのハードウェアモジュールと、命令を追加したオペレーティングシステム搭載可能なプロセッサの製作。 プロセッサコアアーキテクチャについてはMIST1032AMIST32を御覧ください。 本プロセッサを用いて、コンピュータを製作します。詳しくはOpen Computer Projectを参照ください。

プロセッサコア

MIST1032Aの命令を一部改良・追加して使用します。コアについての一部の情報の資料はMIST1032Aを参照。

パイプライン

パイプラインは8段(Iキャッシュを含まず)となります。詳細は以下のブロック図を参照してください。

MMU

  • 1~2レベルのアドレス変換(リセット後に一度だけ設定可能)
  • 物理アドレス拡張には非対応
  • 1ページ16k固定(ページ番号18ビット / ページオフセット14bit)

割り込み

  • 割り込みベクタは物理アドレス0から使用する。(1ページ目をすべて使用)
  • ジャンプ先のみを記す
  • プライオリティーについて
    1. ソフトウェア割り込み
    2. General Internal Device(GID)
    3. General External Device(GED)

外部IO

  • GCIを採用

メモリコントローラ

  • SDRAMコントローラを搭載