このページは2017年夏に台湾を自転車で一周したときの記録です。 自転車で台湾一周の旅一覧はこちらから

自転車で台湾一周の旅2日目 - 台中市から嘉義市

  • 距離 : 105.71km
  • 時間 : 9時間46分
  • 平均速度 10.82/h
  • 消費カロリー : 2053kcal

この区間も以前、方向は逆ですが自転車で通ったことがあるので、その記憶を思い出しながら走っていきました。ずっと平坦な道のりです。海沿いではないので、景色も田んぼが広がっている、日本の田舎のような風景が続きます。

台湾の工事現場でよく見かける彼。両腕が上下に動き、非常に愛おしいかんじです。しかしグラサンはいらないでしょうよ。

一応2ショット。これは大変貴重です。

この日はちょうど中間地点の雲林県にある自転車屋さん(GIANTではない)に立ち寄りました。実はこの店、一回目の縦断の時に自転車のトラブルで立ち寄った店です。そして、それがきっかけで、2回目の縦断旅のときも、一緒に縦断した友人のための自転車を貸してくれたりと、非常にお世話になった方々なのです。事前に連絡をしていなかったのですが、私を覚えていてくれて、非常にうれしかったです。

いろいろ前回の旅のこととか今回の予定などを話した後に、私の日焼け具合を見て、日焼け止め買ったらと言われ、一緒にスーパーへ。そういえば、日焼け対策とか全然考えていなかったなぁと。

しかし、ここで買った日焼け止めがあとに悲劇となるとはこのときは知れず…

先を急ぎます。この日の風景はほんとに日本の田舎と同じです。かと思えば、いきなりこんなのがあったりします。

白い点にしか見えなかったので近づいてみると。ダッグですね。非常に台湾らしい風景です。台湾ではダッグの料理が多いのですが、きっとみんなそうなる運命なんですね…

というわけで、この日も日が暮れてから嘉義市のホテルに到着しました。登りもくだりもなく、平坦だったので特にすごく疲れた感じではなかったですね。ただ、南下するにしたがってどんどんと日差しが強くなっていくのがわかりました。

この写真の銅像は、台湾映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」で出てきた嘉義農林学校の野球部がモチーフになっているとか。

嘉義市は鷄肉飯が有名でとてもおいしいです。過去に嘉義に住んでいた友達に、おいしい店を紹介してもらっていたのでそこにも行ったのですが、それは次の3日目のほうで紹介します。

自転車で台湾一周の旅一覧はこちらから